LinuxでのGRE tunnelのt作り方・削除方法

追加(青字の部分は任意のトンネル名)の例。
# ip tunnel add tunne_name mode gre remote 192.168.254.11 local 192.168.254.1 ttl 255
削除
# ip tunnel del tunne_name 


また、L2インターフェイスであるgretapも以下のように作成可能。key <数値>をコマンドライン中に追加して、同じホストに対して複数のトンネルを作成することも可能。
# ip link add gretap10 type gretap remote 192.168.254.11 local 192.168.254.1 key 10
参考:物理インターフェイスがアップした後、自動的にトンネルを作る例(Ubuntu: /etc/network/interfaces)
auto eth0
iface eth0 inet static

 ....

  post-up ip link add gretap3011 type gretap remote 192.168.254.11 local 192.168.254.1 key 3011
  post-up ip link set dev gretap3011 up mtu 1500
  post-down ip link del name gretap3011

0 件のコメント: